HOME > 広大地評価

広大地評価

著しく地積が広大な宅地で都市計画法に規定する開発行為を行うとした場合に公共公益的施設用地用の負担が必要と認められるものの価額は、広大地の面する路線の路線価に、広大地補正率を乗じて計算した価額にその広大地の地積を乗じて計算した価額にした金額を持って評価されます。

著しく地積が広大とは・・・

  • 市街化区域 三大都市圏では、500㎡
  • それ以外の地域では、1,000㎡
  • 非線引き都市計画区域及び準都市計画区域では、3,000㎡

 

非常に難易度の高いアプローチですので、専門の税理士・不動産鑑定士と一緒に対応させて
いただきます。まずはご相談ください。

 

 

その他、財産の評価について詳しくはこちら!


 

 

初回のご相談は、こちらからご予約ください

hirosue05.png bana0103b.PNG 
bana0103.PNG

スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。


トップへ戻る      ●事務所紹介      ●アクセス