HOME > 戸籍収集と相続人調査

戸籍収集と相続人調査

ここでは、戸籍収集と相続人調査についてご説明致します。

相続人調査とは、戸籍を確認して相続人を確定し、相続する権利がある人(法定相続人)をきちんと特定することを言います。

相続人調査では、亡くなった方(被相続人)の出世から死亡までの一連の戸籍を取寄せて調査をします。

おそらく、亡くなった方(被相続人)が、ご自身の親や親族など身近な人であるため、戸籍を調べなくても、分かっているよと思われるかもしれませんが、名義変更には必ず戸籍謄本が必要となりますので、確認する意味でも金融機関や法務局に提出する意味でも戸籍謄本が必要となるのです。

実際のところ、預貯金の解約においても、不動産の名義変更においても、しっかりと戸籍を提出しなければ、そうした手続を進めることはできませんので、戸籍は必ず取り寄せるようにしましょう。


遺産相続の流れトップに戻る

 

その他、相続手続きについて詳しくはこちら!

 

初回のご相談は、こちらからご予約ください

hirosue05.png bana0103b.PNG 
bana0103.PNG

スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。


トップへ戻る      ●事務所紹介      ●アクセス